*締切* 第4回ふるさとツアー2014/03 高知れいほく田舎暮らし体験 百聞に一見ツアー

お待たせをいたしました!
ふるさとカフェVol.07でご紹介した田舎暮らしを高知県嶺北地方で実践する「れいほく田舎暮らしネットワーク事務局長 川村幸司さん」が主催の「れいほく田舎暮らし体験 百聞に一見ツアー」です。

★★追記★★
川村夫妻をゲストに招いたレポートはこちら。きっと今回のツアーに参加したくなること間違いなし。笑
まずは一度ご一読下さいませ〜。
>> ふるさとカフェVol.07「高知県れいほく地方発“ちょうどいい幸せ”の見つけ方」

tour_teaser_201403_1

初日は、有機トマト農家の見学、れいほくの先輩移住者によるれいほく地方における田舎ならではの暮らしを実践している5人の移住者によるプレゼン、夜には多くのれいほくの人たちとの懇親会、そして幻の牛肉土佐赤うしのすき焼きを中心に、他にも嶺北地域ならではの料理を準備しています。

tour_teaser_201403_2

翌日は、本山町の街並みを“ぶらぶら散策“、玄米焼酎“天空の郷”工房見学、そしてお山のカフェぽっちり堂で昼食も含まれている、「れいほくの田舎暮らし」を知る楽しいツアーです。
また、お時間がある方は、このツアーの前に、ディープな高知を知るための裏ツアーが企画されております。

tour_teaser_201403_3

内容及びスケジュール

◎実施日:2014年3月1日(土)〜2日(日)
◎参加費:1泊2日 9,000円(懇親会費等を含む)
◎集合場所:3か所【A高知駅】【B高知空港】【CJR大杉駅】からお選びください
      *お手数をおかけしますが、集合場所までは各自でご手配くださいませ
◎宿泊:学校に泊まろう!みどりの時計台
◎定員:20名


 

ツアー工程表(案)

◎1日目:3/1(土)
8:30高知駅集合==9:30高知空港集合==10:20JR大杉駅集合==
==10:50はるひ畑見学(有機トマト農家)11:50==12:00日本一の大杉12:30==
==13:00お山の宿みちつじ(昼食)15:00 ==15:20移住者宅訪問16:10==
==16:30学校に泊まろう!みどりの時計台(宿泊地)
《その後のスケジュール》
16:30〜18:00:移住者5名による「れいほくへの移住物語」で語らう会
れいほく地域で田舎暮らしを満喫している移住者5名による各10分間の嶺北移住物語。嶺北のどこに惹かれて移住を決めて、暮らし始めてどう感じて、これからどうしようと思うのか。大きなことをしているわけではなくとも、ていねいに日々を暮らす。ひと家族、ひと家族が持っている地域に与える細やかながら確かなインパクトが感じられることでしょう。
18:30〜21:00:懇親会
幻の牛肉土佐赤うしのすき焼きを中心に、山菜料理など嶺北地域ならではの料理、地酒を準備

◎2日目:3/2(日)
8:00出発==8:30 レイホクファマーズカフェ(朝食)*その後、本山町の街並みを“ぶらぶら散策“
==10:30ばうむ合同会社の玄米焼酎“天空の郷”工房見学==12:00お山のカフェぽっちり堂(昼食)
==14:00ただ今、家を改修中の移住者:渡貫家の見学
==16:00大杉駅解散==17:00高知空港解散==18:00高知駅解散

申込方法

◎お申込方法:最下部のお申込フォームよりお願い致します。
◎申込〆切:2月23日(日) ※但し定員になり次第締切
◎お問い合わせこちらよりどうぞ→


 

高知県嶺北地域とは

土佐嶺北地域は4町村(土佐町、本山町、大豊町、大川村)で成り立っており、四国の真ん中に位置しています。農業、林業が盛んで、中でも美しい棚がからとれるお米や、農産物がことのほか美味しい地域です。人々は自然とつながり今も昔からの智恵を活かして暮らしています。一方で、少子高齢化、経済の衰退が進み限界集落の危機に直面。日本の各地域が直面する「課題をどう乗り越えていくか?」れいほく田舎暮らしネットワークを中心に移住者の受け入れを行うなど、ヒントに溢れた注目の地域。http://www.reihoku.org/

高知県嶺北地域のキーマン 川村幸司さん

川村幸司さんはご存知通り山のカフェのぽっちり堂の経営者であり、かつ、れいほく田舎暮らしネットワーク事務局長を務めています。立命館大学卒。7年前土佐町へUターンし「れいほく田舎暮らしネットワーク」にて移住者の受け入れサポートと田舎に住んでからの「地元の人と移住者をつなぐ」活動をしています。 れいほく地域への移住者は、昨年1年間で31家族(56名)。 子供のいる家族連れが多い。 田舎暮らしの本(2013年9月号)では、西日本の移住支援団体TOP3に選ばれました

tour_teaser_201403_4

れいほく田舎暮らしネットワークとは

単に移住者を誘致することが目的でなく「地元をともに盛り上げ、作っていってくれる人」に移住をしてもらうこと。 その結果、れいほくでは他地域と比べて、地元の人と移住者が分断されず、つながりがある。 地域にカリスマ的存在がいるという感じではなく、 一人ひとりが地域に根をおろし、各々が小さなリーダーシップと責任を持ちながら仕事と暮らしを作っていく。 その集まりが、絵本のスイミーのように、やがて大きな魚のような形になってインパクトを持つ。 そんなイメージで「足腰の強い地域作り」を目指しています。http://www.reihoku.in/

関連情報

農園「はるひ畑」インタビュー記事
学校に泊まろう!みどりの時計台HP
レイホクファーマーズカフェ
ばうむ合同会社HP
ぽっちり堂HP

≪古民家改修のビフォア―アフター≫
笹の家 『ビフォア―の古民家(現在改修中)
お山の宿みちつじ 『アフターの古民家

 

♪♪なんと今回は番外編 れいほく裏ツアー(2/28開催)♪♪

アテンダーは、川村幸司さんの親友の谷口江利香さんが行います。谷口江利香さんは、料理研究家でありながら、高知の美味しいところ、面白いところ、そして多くの人とつながっている方です。裏ツアーには最適な方です!!費用は昼夜の飲食代、車代など込々で7000円程度を予定。

裏ツアー工程表(2/28)

高知空港10時までに着く便(JAL1483.ANA561)を予定しています(現在、調整中)
①ひろめ市場へ → みんなでひろめ市場内でお好みのおいしいものを買い集め、 特製皿鉢料理を作って土佐山に移動。土佐山梅まつり(桃源郷のようです)で花見しながら、ひろめ皿鉢で宴会ランチ。
②そのあと、沢田マンション見学ツアー
③夕暮時の高知市内を一望しに、五台山展望台&眺めのいいカフェパノラマへ。 すぐ近くの竹林寺で知恵の文殊菩薩様にお参りしてから市内に降りてホテルでチェックイン。その後、高知の旬のうまいものやお酒を堪能できる古民家家庭料理屋“草や”にて夕食。

おすすめ

◎ホテル
セブンデイズホテル+又はセブンデイズホテルプラス
◎ツアー(裏ツアーホテル+宿泊がセットになったこちらがお得)
阪急交通社
名鉄観光

 


お申込フォーム

◎以下より必要事項をご記入の上、お申込をお願い致します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。